クロモジはワーママの救世主

Dual layer serum

毎日、仕事や家事育児で疲れていませんか?

朝は起きて貴重な時間ないで早く用意をしなければいけない。
のに子供はなかなか言うことを聞いてくれないし、
思わぬところで牛乳をこぼしたりする・・・

夜は疲れていて一刻でも早く寝たい。
けれども帰ってきてから分単位のスケジュールをこなし、
夜の一人時間にゆっくりしたいから
お願いだから早く寝て・・・と思いながら寝かしつけをしているのに
気がついたら寝落ちして全然ひとり時間が持てなかった・・・

ワーママあるあるですね。お気持ちお察しします。
さて、そのような忙しい日々をサバイバルしているお母さんたちにお届けしたい香り「黒文字(クロモジ)」についてご紹介します。

「黒文字」って何?

「黒文字」についてはご存知でしょうか?
クスノキ科クロモジ属で学名は「Lindera umbellata」と言います。
青い(緑の)枝に段々と黒い斑点のような模様が現れ、文字のように見えることから「クロモジ」と名付けられたと言われています。
昔から日本人の生活の中で使用されることが多く、代表的な使用方法としては茶道や和菓子の世界で使われる「楊枝」でしょう。その昔、千利休が豊臣秀吉を茶室に迎え入れるにあたり、庭で手折ったクロモジを削り、楊枝にして差し出したという逸話があります。

研究が進む黒文字の効能について

黒文字からはアロマセラピーに使用される精油(エッセンシャルオイル)が抽出されます。
近年では「和精油」として知られるようになってきており、養命酒が「クロモジエキス入りのど飴」を発売したことから、一躍有名になってきました。
のど飴に使われると言うことは、日本古来の薬草のように、何かしらの効能が期待されるということです。そのため、「クロモジ研究会」と呼ばれる組織が設立され、大手企業から研究機関まで多彩な会員でクロモジについて研究しているとのこと。では、黒文字の精油にはどのような作用が期待されるのでしょうか。

黒文字の精油に含まれる主な芳香成分

黒文字に含まれる主な芳香成分は以下の通りです。

リナロール、1.8シネオール、リモネン、αーピネン、カンフェン、βーピネン、αーフェランドレン、酢酸シトロネリルなど

この芳香成分は、採取される地域によって含有量の割合が異なりますので、ほんの一例だと考えてください。

大体リナロールが主成分で、50%前後含まれることが多いです。
リナロールが持つ作用として有名なものは「鎮静作用」です。心を落ち着け、リラックス状態に導いてくれる作用が期待できます。

また、その他の芳香成分からクロモジの精油が持つ作用として以下の作用が期待できます。

森林浴作用、コーチゾン様作用、組織再生作用、抗カタル作用、去痰作用、抗ウイルス作用、鎮静作用、鎮痙作用、消炎作用、鎮痛作用、鬱滞除去作用、抗菌作用、消化促進作用など

これらの作用については、アロマセラピーを学んだことがある方なら理解できると思いますが、「アロマセラピーって聞いたことがあるけれどもあんまりよくわからない・・・」という方にとっては「???」と感じる作用も多いと思います。
簡単にまとめますと、黒文字の芳香成分が持つチカラとしては、

・心を落ち着かせてリラックスさせる
・ストレスケアをしてくれる
・自律神経のバランスを整えてくれる
・眠りの質を高めてくれる

・風邪やインフルエンザ対策として予防的に使える
・呼吸器系のトラブルと相性が良い
・お肌のターンオーバーを促して若々しさを保つ

などが挙げられます。
簡単に説明しても、すごい働きを持っていますね。
ですから、黒文字は和精油界の王様とも呼ばれています。
私個人としては、ラベンダーのようにマルチに活躍するので
「和精油界の出来杉くん」と呼んでいます(笑)

NEXT>>CHANELのNo.5に使われた香りとの関係

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »