はじめまして、MUSE NESTのオーナーです。

はじめまして。

アロマセラピストであり、
リアルクレヨンしんちゃんの母であり、
WEBは素人なのに
いきなりECサイト「MUSE NEST」(まだちゃんと機能していない)を開設したオーナーの近藤です。

最近では、昨年ぐらいから「実店舗型のビジネスは衰退していく」と感じていたので、
コロナが流行り出してから危機感を覚え、和精油を世界にECで越境させるという構想で
「JAPANブランド育成事業等助成金」の申請をただのイチ主婦が申請したり、
マルチライファーズクラブの仲間と楽しくZOOMで話したり、
知人の義実家が高級フルーツ店と言うことでコロナウイルスの影響を受けて大打撃。
それはいかんということで、「高級メロンだとか高級苺とかを格安で買えるよ」などと
宣伝する活動などをしております。

「何してる人なんですか?」と聞かれて答えに窮するようになってきました。。。
たぶん、ベースは母業です。

私の経歴については、noteの
「いっかい死にかけたから、好きなことをしようか MUSE NESTオーナー」に
プロフィール記事として書いてあります。
https://note.com/musenest

ですので、簡単にここでは紹介させていただきます。

・1982年生まれ大阪生まれ大阪育ち
・大学では日本語日本文学科専攻
・新卒で和菓子製造販売会社へ就職
・淡路島でアロマセラピートリートメントを初めて受けて、心地よさに衝撃を受ける
・日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定1級取得
・未経験で広告代理店の企画営業職として転職、奮闘
・「29歳で卵巣年齢が42歳事件」
・原因不明で緊急開腹手術&呼吸困難と幻聴「オープンシャッテン事件」→休職
・復帰→倒れる→退職→少し英語の勉強
・広告代理店コピーライターチーム参加
・体調不良→退職して自由人
・出産後に産後うつになりかけ
・保育園を活用して、自宅サロンを開くべくスクールでアロマセラピーの勉強開始。
・AEAJアロマセラピスト取得
・IFA国際アロマセラピスト学科試験合格
・yuicaインタープリター取得
・自宅サロン開業
・日本産天然精油連絡協議会に入会

という流れで、世界の精油について芳香成分や解剖生理学などを踏まえて学び、
その後に和精油と出合いました。

中でも衝撃的だったのは絶滅危惧種とされている「ローズウッド」の香りと
日本の茶道でも使われるクロモジの芳香成分がほとんど同じということ。
ちなみに、ローズウッドはかの有名なシャネルのNo.5にも使われた原料です。
これは、和精油をもっと知りたいと思わせるには十分な理由でした。

そこで、様々な経歴を持つ「いまの私だからこそできること」を考えてみました。

和精油×地域経済の活性化→雇用創出により移住、I・Uターンの促進
和精油×予防医学→医療費削減
和精油×環境保全→持て余している森林の維持費を創出、現地に行かなくても購買により支援できる環境
和精油×日本経済活性化→JAPANブランドとして海外へ輸出
和精油×寺社仏閣→廃業する寺社仏閣の建材を再利用できる可能性、カンナ屑から価値創世
和精油×新しい精油開発→日本固有種からの抽出の可能性
和精油×・・・etc

これらのことが、ネット環境や流通網の発達によって
私にもできるのではないか、と考えてこの店舗を始めました。

noteにも書きましたが、最後にいまの目標を。

国内で認知促進そして海外、未来へ

現在は、日本人にさえ認知度の低い和精油の魅力が、
少しずつ世界でも認められてきています。

そして、インバウンド需要といっても、
私でさえなかなか足を運べない場所に、
東京オリンピックや大阪万博に来た訪日外国人が足を運ぶとは到底思えませんでした。
(新型コロナウイルスのため、それもまた延期になるなど、ハードルが増えましたが・・・)
そのため、「JAPANブランド育成事業等助成金」などに応募してみたり、
越境ECにするための資金集めのクラウドファンディングを計画したりしています。

香りは、「古い脳」と呼ばれる大脳辺縁系に直接関わります。
香りがきっかけとなって記憶が呼び覚まされる現象を「プルースト効果」をご存知でしょうか。
スギやヒノキの香りは、日本人に親しみ深く、これによる高齢者の認知症予防なども期待され、
もちろんメンタルケアへの有用性は既存のアロマセラピーのエビデンスが存在します。
このまま行けば、高齢化して息子の世代は普通にセンチネリアン(100歳を超える人)になるでしょう。
和精油関連商品がライフスタイルに溶け込み、地球にも優しく、家族にも優しく、
医療費削減および予防医学に少しでも役立って欲しいというのが私の願いです。

「うちの地域には珍しい精油があるよ」
「森林持て余してるけど」
「この植物は精油が取れるの?」という情報やご相談があれば、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

本業はたぶん、母親業です。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »